災害対策の考え方

災害の建物と器物の被害を少なくするために

第一優先は被害が大きく発生地域を限定しない地震に対する備えです。具体的には、家具、家電などの転倒防止措置を行います。タンスの転倒防止はイメージしやすいし普及していますが、冷蔵庫に転倒防止措置をしているケースは少ないです。またさらに思いが及ばないのは窓ガラスの対策です。ガラスの破片が飛散するのを防止するためのテープを貼るようにします。たんにカーテンを閉めるだけでも効果はあります。

次に被害を少なくするための情報に関する準備をします。家族の中で災害が発生時の避難場所を決めておきます。さらに、家族が安否情報を確認するための手段を取り決めましょう。東日本大震災の経験からもわかるように電話は通じないことを前提に準備します。

また、災害情報を得るために電池式もしくは手動で充電可能なラジオを用意します。自治体で独自の通報システムを持っている場合もありますのでシステムがあれば活用しましょう。

災害発生時に命を守るために

大きく分けて、停止したライフラインが復旧するまでの備えと避難する場合の備えに分かれます。

ライフラインの普及までには、3日から7日を要すると言われています。家族全員が、復旧までの期間を耐えられるように水と食料を備蓄します。飲料水は一人3リットルが必要です。さらにトイレ用は別に準備します。日頃からお風呂の水をためるようしておけばトイレ用には十分です。

避難する時の準備は、水、食料の他に、保険証や貯金通帳などの貴重品や薬品、懐中電灯、マスクなどが必要になります。保管場所は寝室にしましょう。寝室であれば避難時に持ち出しやすくなります。忘れがちなのは履物です。裸足での避難は怪我のもとです。運動靴を寝室に備えておきましょう。


このPostをシェアする